0.4 粒度分布

粒度

粒子は細かければ細かいほどより多くの表面積と少ない体積を持つので、結果として高い抽出率をもたらします。
なぜなら、水に触れた瞬間に全ての成分が溶け出すからです。

粒子は大きければ大きいほど、抽出時間を長く取らない限り、未抽出になりがちです。
これは細胞の複雑な構造により、水に成分が溶け出しにくくなるからです。
フレーバーを引き出し、そのフレーバーを水中に放出するために水は粒子の内部に入り込む必要があります。
粒子が大きい場合は抽出時間を長めに取らない限り、粒子のほとんどの成分が水に溶け出すことなく抽出を終えてしまうのです。

このグラフは、高品質なグラインダーと低品質な家庭用グラインダーに挽かれたコーヒー粒度の典型的なグラフです。

X軸(横軸)は粒径:右に行くほど大きく、左に行くほど小さくなります。1000ミクロン(μm)が1ミリメートル(mm)です。